Armadillo 製品アップデートのお知らせ (2019年5月/Armadillo-640対象)

Armadillo-640をアップデートしました。

Linux カーネル v4.14-at12以降で標準イメージをビルドするには、firmware-imx パッケージのインストールが必要となります。 詳細は、後述のv「v4.14-at12以降のLinux カーネル標準イメージのビルド」をご覧ください。

このリリースはダウンロードページ、またはユーザーズサイトからダウンロード可能です。

Howto

Howto : Armadillo-640でMQSオーディオを使う

MQSを使用してオーディオの再生を行なう方法を紹介しています。

ドキュメント

Armadillo-640 製品マニュアル (v1.9.0)

  • 「4章Armadilloの電源を入れる前に」のminicom設定方法を詳しく記載
  • 「LCDインターフェースの動作確認」にQtによるGUIアプリケーションの開発は推奨していない旨の表記を追加
  • 「20章Howto」に「wxWidgets を利用して GUI アプリケーションを開発する」を追加
  • at-dtweb v2.1.0に対応

Armadillo-640 マルチプレクス表 (v1.1.0)

  • CON9の13~18、25~28ピンのSDHC2関連の記述を削除
    • SDHC2を割り当てることは可能だが、基板上のプルダウン抵抗によりSDインターフェースとして使用できない

Linux カーネル (v4.14-at12)

  • MQS(Middle Quality Sound)対応
  • linux-stableのcommitをmerge
  • i.MX6 SDMAファームウェア組み込み
  • LCD43EXT-L01対応
  • RS485対応

ATDE7 (v20190527)

  • atmark ユーザーをdialoutグループに追加
  • firmware-imx パッケージをインストール

at-dtweb (v2.1.0)

  • AWLMOD-00対応
  • RTCMOD-00対応
  • LCD43EXT-L01対応
  • FG040360DSSWBG03対応
  • LCD70EXT-L00対応
  • MQS対応
  • I2C/ECSPIのclockを設定可能に
  • GPIOのPAD設定を変更(U-Boot設定によらず、必ず入出力可能に)

標準イメージファイル

v4.14-at12以降のLinux カーネル標準イメージのビルド

v4.14-at12以降のLinux カーネルで標準イメージをビルドするには ATDE7 に firmware-imx パッケージをインストールする必要があります。

firmware-imx パッケージのATDE7へのインストール方法

ATDE7 をインターネットに接続し、ATDE7上で次のコマンドを実行してください。


[ATDE ~]$ sudo apt-get update
[ATDE ~]$ sudo apt-get install firmware-imx

firmware-imx パッケージが必要な理由について

MQS(Middle Quality Sound) は、i.MX6ULLのSDMA機能を利用します。 SDMA機能の動作にはファームウェアが必要であり、ファームウェアは firmware-imx に含まれています。

Linux カーネル v4.14-at12 で、MQSに対応し、さらに MQS がデフォルトコンフィギュレーションで有効化されました。 そのため、Linux カーネル v4.14-at12 以降では、firmware-imx パッケージのインストールしておかなれば標準イメージをビルドすることができなくなりました。