警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : 新フラッシュメモリにブートローダ―および既存のLinuxカーネルを対応させるには

対象製品: Armadillo-IoT G1/G2Armadillo-840mArmadillo-840Armadillo-810Armadillo-440Armadillo-420Armadillo-410Armadillo-Box WS1

以下の変更通知で告知済みのフラッシュメモリ(Micron Technology製)の変更に対し、ソフトウェアを対応させる方法をご紹介します。

対応済みのソフトウェアに対して、本手順の実施は不要です。

対象となる製品と変更通知

製品シリーズ 対象の変更通知
Armadillo-410 変更通知2017-013(ユーザーズサイト)
Armadillo-420 変更通知2017-013(ユーザーズサイト)
Armadillo-440 変更通知2017-013(ユーザーズサイト)
Armadillo-810 変更通知2017-014(ユーザーズサイト)
Armadillo-840 変更通知2017-012(ユーザーズサイト)
Armadillo-IoTゲートウェイ G2 変更通知2017-013(ユーザーズサイト)
Armadillo-Box WS1 変更通知2017-013(ユーザーズサイト)

Armadillo-400シリーズ, Armadillo-Box WS1 の場合

Armadillo-400シリーズ、Armadillo-Box WS1の各製品のドキュメント・ダウンロードに掲載の
Armadillo-400シリーズ 新フラッシュメモリ移行ガイドをご覧ください。

Armadillo-IoT ゲートウェイG2 の場合

Armadillo-IoTゲートウェイG2 ドキュメント・ダウンロードに掲載の
Armadillo-IoTゲートウェイ G2新フラッシュメモリ移行ガイドをご覧ください。

Armadillo-810/Armadillo-840 の場合

Linuxカーネルの対応方法

従来(前述の変更通知内容が適用される前)のLinuxカーネルを新しいフラッシュメモリに対応させるには、以下の手順に沿って処理してください。

1) make menuconfig 実行後、Kernel/Library/Defaults Selection を選択します。

手順1

2) make menuconfig 実行後、Customize Kernel Settings を選択します。

手順1

3) Device Drivers を選択します。

手順1

4) Memory Technology Device(MTD) support を選択します。

手順1

5) RAM/ROM/Flash chip drivers を選択します。

手順1

6) Support for AMD/Fujitsu/Spansion flash chips を選択します。

手順1

ブートローダーの対応方法

ブートローダ―(hermit)は、新フラッシュメモリ対応版を適用してください。