Howto

新フラッシュメモリにブートローダ―および既存のLinuxカーネルを対応させるには

以下の変更通知で告知済みのフラッシュメモリ(Micron Technology製)の変更に対し、ソフトウェアを対応させる方法をご紹介します。

対応済みのソフトウェアに対して、本手順の実施は不要です。

対象となる製品と変更通知

製品シリーズ 対象の変更通知
Armadillo-410 変更通知2017-013(ユーザーズサイト)
Armadillo-420 変更通知2017-013(ユーザーズサイト)
Armadillo-440 変更通知2017-013(ユーザーズサイト)
Armadillo-810 変更通知2017-014(ユーザーズサイト)
Armadillo-840 変更通知2017-012(ユーザーズサイト)
Armadillo-IoTゲートウェイ G2 変更通知2017-013(ユーザーズサイト)
Armadillo-Box WS1 変更通知2017-013(ユーザーズサイト)

Armadillo-400シリーズ, Armadillo-Box WS1 の場合

Armadillo-400シリーズ、Armadillo-Box WS1の各製品のドキュメント・ダウンロードに掲載の
Armadillo-400シリーズ 新フラッシュメモリ移行ガイドをご覧ください。

Armadillo-IoT ゲートウェイG2 の場合

Armadillo-IoTゲートウェイG2 ドキュメント・ダウンロードに掲載の
Armadillo-IoTゲートウェイ G2新フラッシュメモリ移行ガイドをご覧ください。

Armadillo-810/Armadillo-840 の場合

Linuxカーネルの対応方法

従来(前述の変更通知内容が適用される前)のLinuxカーネルを新しいフラッシュメモリに対応させるには、以下の手順に沿って処理してください。

1) make menuconfig 実行後、Kernel/Library/Defaults Selection を選択します。

手順1

2) make menuconfig 実行後、Customize Kernel Settings を選択します。

手順1

3) Device Drivers を選択します。

手順1

4) Memory Technology Device(MTD) support を選択します。

手順1

5) RAM/ROM/Flash chip drivers を選択します。

手順1

6) Support for AMD/Fujitsu/Spansion flash chips を選択します。

手順1

ブートローダーの対応方法

ブートローダ―(hermit)は、新フラッシュメモリ対応版を適用してください。